CONCEPT 私たちの想い

第三者の立場から、専門家の見地から、建物診断・査定。“インスペクション”することで見えてくる本当の価値。
インスペクションとは?

インスペクション(建物診断)とは、建築物の構造・素材に精通したインスペクター(建物診断士)が主に不動産取引の上で第三者的な立場から、また建築物に関わる専門家の見地から建物の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき個所やその時期、それに掛かるおおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。

建物物件の購入前、売り出し前にその物件に対してインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、後から隠れた瑕疵が発覚するリスクを減じて安心して不動産取引を行うことができます。入居者のいる状態の建築物について調査することもあります。また、不動産仲介業者が物件の状態を消費者に明らかにするために利用するケースも増えています。

診断の方法は主に目視によるチェックや簡易な機器による計測で、屋根、外壁、室内、小屋裏、天井裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本です。より詳細な診断を行うために専門的な調査機材を用いる場合もあります。インスペクターは建物の「かかりつけのお医者さん」であり、インスペクションとはそのお医者さんが行う「健康診断」と例えることができるでしょう。

州によって異なりますが米国では中古住宅の取引に際して70~90%の割合でその住宅に対するインスペクションを行うことがすでに常識となっています。日本でも空き家の問題、社会的建築ストックの活用の模索と連動して急速に建物のインスペクションが普及しはじめています。

新たな社会貢献
中古物件流通市場の活性化こそが日本経済の再興につながると確信します。
市場原理から超越した新しく公正な取引の場を提供し、透明性の高い業界を確立するためさまざまなソリューションを提案します。異業種企業同士のリンクにより新しい価値を創造し業界全体の社会的地位の向上に努めるとともに社会に貢献していきます。
付加価値の高い商品開発に取り組み、価値のあるサービスやコンテンツを提供することで、繰り返し長く取引していただける関係づくりを目指します。また、インスペクター個々の背景(ストーリー)を取り入れ価値に見合った内容で業務を行うことにより、お客様と売り手である私たちそれぞれが満足し、次につながる商流を創造します。知識と経験を軸に日本最上級のサービスを目指します。
質の確保
「個」の尊重
すべてのインスペクターが十分に能力を発揮し、自己実現を達成しうる組織づくりを目指します。 向上心こそ組合発展の推進力。インスペクターひとりひとりは自分の成長と組合発展の為に日々向上心を持って行動します。 組合は個人の素質を活かし、能力を最大限に発揮できる環境と機会を提供します。